初めに INTRODUCTION

中村総合科学研究所は「人の体は自然物である」という考えを基本に、一般的な現代医療や化学合成薬を用いた癌治療とは異なる視点を持って活動している各分野の学者、研究者、医療従事者が相互に、日頃研究しているテーマについての研究発表や情報を交換する場として、広く利用して頂く事を目的に活動しています。

お知らせ NEWS

2015.12.25
全面改訂しました。
2011.9.13
2011年度日中先進医療科学交流会が9月13日から15日に日本東京で開かれた、今回のテーマは先進医療における生物製剤DDS機能の展望について情報や研究成果が交流した。今回の行事もう一つは帝京大学医学部訪問し関係者らとのいろいろな交流も行われた。日本、中国、香港、台湾、マカオからの専門家が参加した。
日中先進医療科学交流会
2011
マカオ國際中西醫藥腫瘤治療サミット会議が開かれ、南台科技大学バイオテクノロジーセンターの陳教授とDr.Dai教授が生物抗癌物質の最新研究データを発表しました。
2010
台湾【健康100】雑誌社主催日本の最新抗癌健康食品の実態と日本の癌予防知識交流発表会が開催されました。(マレーシア支部主催クアラルンプール国際センターにて)
2006.9.7
台湾【健康100】雑誌社主催アジア最新健康フォーラムでアメリカ・日本・中国・台湾など多くのアンチエイジング研究者が講演会が開かれました。 Dr.Dai教授が最新アンチエイジング研究レポートを発表した。(台北園山ホテルにて)
2005.10.5
アメリカヒューストン医科学センター客席研究者Dr.Q.ZHI YU医学博士、Dr.Dai教授と藤沼秀光医学博士がマカオで生物製剤に関する研究発表しました。 主催者:澳門特別行政区医師連合会、澳門血液腫瘍科医学会、澳門薬剤師協会、澳門漢方工業連合会、国際生物漢方研究学会澳門支部、後援:澳門科学技術大学東洋薬研究センター 場所(澳門リスボンホテル、マカオ国際センターにて)